チームマネジメント|ぜんさら

チームマネジメント

「マインドセット」は組織成長のカギ ー成果を出すための5つのポイント

マインドセット(mindset)は、自身の習性として根付いた物の見方や考え方で、経験、教育、先入観などから形成される思考様式、心理状態を意味します。スタンフォード大学の心理学者キャロル・S・ドゥエック(Carol Dweck)により生み出されました。あなたもマインドセットを正しく理解して活用することで、ビジネスの成果を高めましょう。
チームマネジメント

コンピテンシーとは?3分で理解する意味・ポイント・活用方法

コンピテンシー(competency)とは、ハイパフォーマー(高業績者)に共通して見られる行動特性のことです。つまり高い成果につながる行動特性のことです。かれらが普段どのようなことを意識しているのか、どういう理由で意思決定をしているのかを理解・明文化して、人事評価や育成、採用に生かし組織のパフォーマンスを高めましょう。
チームマネジメント

ダニング=クルーガー効果とは?

ダニング=クルーガー効果とは、能力の低い人ほど自分を高く評価するという現象のことで、根拠がないのに自身を過大評価をすることから「 優越の錯覚 」とも呼ばれる認知バイアスです。その仕組みを理解し、部下を適切に導くための上司の心得を解説します。
チームマネジメント

コンセプチュアルスキルとは|その概念と高め方を理解する

コンセプチュアルスキル(概念化能力)とは、新たな経験や正解のない問いに直面したとき、物事を理論的・創造的に考えて、周囲の人が納得できる答えを導き出す能力のこと。今回は、コンセプチュアルスキルの概要と構成要素、コンセプチュアル思考を高める方法についてわかりやすく紹介します。
チームマネジメント

部下の育成と強いチームづくりのための5つのポイント

どうすれば上司は信頼され、頼りにされるのか。どうすれば部下のモチベーションが上がるのか。部下の育成に悩む上司は多いものです。部下の指導は子育てと似ています。親や上司は一貫性を持ち、根気よくかつ分かりやすく指導すべきです。そのコツをお話ししましょう。
チームマネジメント

ピアボーナス制度とは?そのメリットと導入時に注意すべき点について

アメリカですでに主流のピアボーナス制度。従来の成果型の評価制度とは異なり、 従業員同士がお互いで報酬を贈り合うことができる仕組みです。ピアボーナス制度のメリットや導入に際し注意すべき点についてわかりやすく解説します。
チームマネジメント

心理的安全性、チームリーダーが意識すべきチームビルディングのコツ

心理的安全性とは、組織で働くメンバーが安心して自分の意見を発言したり、考え通りに行動出来る状態を表す言葉です。心理的安全性を高めることでどのようなメリットがあるのか、また心理的安全性を高めるためにはどうすればよいか、具体的に説明します。
チームマネジメント

中堅ビジネスマンの差がつく心得、自社の収益構造を理解していますか

自社の収益構造や利益率を理解して業務を遂行することは、中間管理職ビジネスマンのスキルとして大変有効です。経営マインドを身に着け、ライバルに差をつけましょう。収益構造の改善を意識しながら業務遂行することは、5年後10年後の自社の在り方を考えることにつながります。
チームマネジメント

黒字リストラの恐ろしさ、先が見えない今だから私たちがすべきこと

早期退職制度、希望退職制度という一見穏やかな名を借りた黒字リストラが横行しています。40代中堅サラリーマンはこれからの時代をいかに生き抜くべきか。ポストアベノミクスとコロナウィルス恐慌でも安心して会社勤務を続けるための心構えについてお話します。
チームマネジメント

できる上司はできる部下を育てる、大切なのは上司から部下への「報・連・相」

「報連相」は部下が上司へするものだと勘違いしていませんか?そしてあなたは、報連相が足りない部下に対してイライラしていませんか?現代のIT社会では、時代に合った適切な報連相のコツがあるのです。上司から部下への「報連相」で、強いチームを作っていきましょう。
タイトルとURLをコピーしました