3つの失敗例から学ぶ部下への依頼の仕方、少しの配慮で部下の目つきが変わってくる

部下へ仕事を依頼するときの3つのポイント ビジネススキル

部下に仕事を頼むときは、命令口調がいいのでしょうか。それともお願い口調が良いのでしょうか。

相手になめられないように命令口調がよいと思う人もいるでしょう。

命令をしなければならないと考える理由は、上司としての威厳を保ちたいという気持ちの表れです。

しかし、部下への対面ばかりを気にして、どんな時でも相手の気持ちを考えず、常に上から目線で指示ばかりをする上司では、若い部下の気持ちは離れていきます。

どんなに偉そうにしていても実力が伴わないダメな上司であれば、結局は部下はそれを見抜き、貴方のメッキはすぐに剥がれてしまうのです。

それでは尊敬されませんし、はじめこそは黙っておとなしく従うでしょうが、現実には逆効果。賢い部下であれば面従腹背、あなたは裸の王様となってしまうのが落ちです。

部下にお願いをするのは、間違いではない

上司が信頼されるかどうかは、指示の出し方ではありません。

日々の仕事全般により、関係性を作っていくものです。

日常的に部下に高圧的な態度で臨み、自分の価値観を押し付けるだけで、中身が伴わない上司では、部下の不満は募る一方で、ロイヤルティは決して醸成されません。

結果、チームとしての成果が上がることはありえません。

一方で、部下の気持ちに寄り添い、配慮し、平等な立場で部下に接する上司であれば、上司の人となりを理解する賢明な部下は必ず尊敬し、良い関係を築けるでしょう。

上司も部下もお互いに協力をし合い、自主的に仕事の改善点を見つけ生産性を高めていく。これは理想のチームの姿です。

チームは、それぞれの役割を演じるアクターの集団

ここで気を付けたいのは、職場の上司・部下の関係はあくまで会社にいるあいだ、チームで業務に当たっているあいだ、職場の秩序を保つため、それぞれのスタッフが上司の「役割」、部下の「役割」を受け持ち、それぞれの役割を演じているアクターになっているだけ、と思うことです。

人間として偉いとか上だとかいう事ではありません。

上司になっただけで、貴方が部下から信頼されているわけでもありません。

そして忘れてはいけない大切なポイントは、相手も感情のある人間ですから、気持ちによって仕事は左右されるということ。つまりお互いに気持ち良く役割を演じるためには、お互いを思いやる配慮が必要ということです。

それをないがしろにし、自分は上司だから、おまえは部下だから、俺が偉いのだから黙って言うことを聞いてればよい!と、相手の立場を軽視し一方的に命令ばかりしていたら部下の気持ちはシラけてしまいます。それどころかいつかは手痛い反発を受けるでしょう。

逆に相手の立場、タイミング、心情をよく考えて、やるべき仕事をきちんとわかりやすく伝えれば、相手もきちんと理解し自分の役割をこなすというものです。

依頼の仕方、ダメな例

多くの場合、部下が反感を持つのは、依頼された仕事の内容そのものではありません。

以下に依頼をする際の悪い例を紹介します。

就業間際や締切間際に大きな仕事を突然依頼する、タイミングの悪さ

できる部下ほど仕事のスケジュールを重視します。部下のスケジュールを大幅に変更させ、他の仕事に大きな影響を与えるようなボリュームの仕事は、できるだけ余裕をもって依頼しましょう。

上司の説明が雑すぎて伝わっていないことによる誤解

丸投げ上司に良くありますが、やってほしい仕事の内容や注意点や、変更してはいけない箇所を事前によく説明していないで、とにかく仕事を丸投げしてしまう行為。あなたは大丈夫ですか?仕事の指示は、具体的な説明が重要です。それを飛ばしておきながら、部下が提示した成果物にダメ出しをしては、真剣に仕事に取り組んでいる部下ほどモチベーションを削がれてしまいます。

仕事を依頼する理由を相手に伝えきれていない場合

仕事を通じて成長できる、評価されるということがわかっていれば部下も仕事に力が入るというものです。そのような、今回は君に頼みたいのだ、君しかいないのだというわかりやすい理由をできるだけ言葉で伝えましょう。思い付きでとか、暇そうに見えたからとかいった理由で仕事を振る上司だと思われたら、貴方の信頼はなくなります。

上手な業務指示で、部下との信頼関係を築く

上の悪い例に、あなたは心当たりはありませんか?

部下に仕事を依頼するときは、常にその逆を心がけましょう。

○できるだけスケジュール感に余裕をもって依頼する。やむを得ず急な以来となる場合は、相手に配慮して引き受けてくれる相手に感謝の一言を添える。

「急な依頼で済まないが、引き受けてくれるかい?ありがとう。」

○依頼した仕事の要点や注意点をよく説明する。参考になる過去のデータがあれば、事前に提示する。新規事業であれば、どのような方向性で進めるべきかを事前に良く打ち合わせをする。また途中経過の報告はどの程度の頻度で行ってほしいのかや、締め切りスケジュールを初めに伝える。

○その部下に依頼をすることになった理由を伝える。

「君の担当している○○と関係の深い内容だからお願いするよ」「○○については君が一番詳しいから、是非頼みたいんだ」「この業務は○○について習熟できるチャンスだよ」

これらを意識せず、機械的に仕事を振って、出来が悪いとかスケジュールを守れないとかの理由で部下を叱ってばかりでは、上司と部下の間には深い溝ができてしまうでしょう。

部下に仕事を頼むときには、「いまちょっといいかな?」「空いているときに頼みたいことがあるんだけど」「申し訳ない」「じゃぁお願いするね」といった配慮の言葉を添えること。

もしそれでも相手が不満な様子を見せたら、その理由を理解しようと努めること。

そんな素敵な言い方や対応ができる上司は、必ず部下と良い関係を気づくことができます。

タイトルとURLをコピーしました