40代の転職そこが知りたい、転職で給料は上がるのか下がるのか

転職で給料、年収は上がるのか 転職ノウハウ

40代の転職は、20代の転職よりも厳しい条件であることはもちろん、一般的に給料も下がるイメージをお持ちの方が多いと思いますが、必ずしもそうとは限りません。ちぃぱぱさんの転職経験から、給料アップを実現する転職活動のコツをお話します。

40代の転職で給与アップを目指すためのポイント

では、どのような点に心がけたら給料が下がらず、現状維持かはたまた給料アップの転職先を狙えるのでしょうか?

最も重要なポイントは、

これまでの経験・キャリアを生かすことができる仕事を探して、自分の知識・技術を求めている企業へ転職をすることです。

要するにニーズのある所へ、自分の価値を売り込むこと。

ちぃパパさんが転職に成功したケースもまさにこれです。

ちぃパパさんは今回の転職で、見事に給与アップを実現することができました。転職サイトで求人を探す中で、これまでのキャリアにぴったり合致する求人を見つけたため、年齢面では若干不安がありましたが勇気を振り絞りダメもとで応募してみたところ、まさに前職で培った知識・技術や、中間管理職としてチームマネジメントに従事していた経験を高く評価して頂き、それが好条件の内定獲得につながったのです!!

40代で転職活動をする方にお勧めする転職。それは、自分のこれまでの知識・経験を生かせる転職先を探すこと。

20代の若者であれば新しいことを学ぶ能力・柔軟性を持ち合わせており、また40代よりも安い給料で採用ができます。人事担当者は当然、若者の採用にメリットを感じます。

一方て、40代の中年であれば即戦力の安定感が採用の決め手となります。

前職がブラックだったから、心機一転新しい業態で!と思うかたもいるでしょうが、そこはよく考えた方が良のです。

経験がない異業種異職種で転職するのは大変不利な条件で契約せざるを得ないという可能性が高まります。

もちろん、給与が下がってもよいならば問題ないですが。

自分の市場価値を高く評価してくれる会社に、早く出会うこと

自分の市場価値を高く評価してくれる会社に出会うためには、自分の市場価値を自分自身が客観的に理解することがとても重要なことなのです。

○あなたがこれまで培った知識や技術は何ですか?

○ほかの人に誇れる経験は何ですか?

○あなたの特技は何ですか?

○それはどんな場面で生かされるのですか?

○それを求めている会社はどんな会社ですか?


転職活動は自分自身としっかり向き合う作業なのです。そして、そのあなたの能力を必要としている会社を探しましょう。

自分の市場価値を高く評価してくれる会社には、なかなか出会えないかもしれませんが、根気よく探せばあるはずです。

なかなか見つからないかもしれませんが、根気よく探しましょう。

たまたま前任者が退職したとか、新規プロジェクトを立ち上げるとか、何らかの事情で、経験のある即戦力を求めている会社は、世の中にきっとあります。

それを見つけるのです。


なおちぃぱぱさんは、転職経験があまりない方や自分の市場価値が良くわからない方は、転職エージェントを利用してみるのをおすすめします。

転職エージェントは、企業側との給与の交渉をしてくれますし、ご自身の希望する給与が一般的レベルからかけ離れていないかどうかをアドバイスしてくれますので、自信の無い方はこれを有効に活用してみるのも良いでしょう。

給与の交渉をすることは可能か?

これも気になる問題ですね。

ちぃパパさんのこれまで何度かの転職経験では、イエスでもありノーでもあります。

意外に思われるかもしれませんが採用時の給与交渉がうまくいくのは、小さな会社、給与規定がしっかりと整っていない新しい会社、給与規程があるのに無いかのように経営者が振る舞って労働力搾取をしているブラックな会社などが多いす。

「よしこいつに任せてみよう!」と人事部長や社長に思ってもらえれば、すんなりと給与アップすることもあり得るわけです。その代わりに、入職後も人事や社長のプレッシャーに耐え続けなければならないわけです(汗)。諸刃の剣といえますね。

このような交渉余地の大きい会社は、ちぃパパさん的にはあまりお世話になりたくない会社なわけですが。実際に交渉する場合は自分の希望額、ゆずれない最低レベルはあらかじめしっかりと決めておいてから、交渉するのが良いでしょう。

一方、歴史の古い会社や大企業では給与規程が明確に定められており、社員にも開示しています。言い換えれば安定していて、給与水準が比較的高い会社といえます。

このような場合は一般的に給与の交渉は難しいと考えるべきですが、ただしこれらの会社でも交渉の余地がないわけではありません。

考えてみてください。新卒だった際に横並びだった初任給も、20年もたてば、同年代の社員でも差がつくことは当然あるでしょう。40代になれば当然社内評価や職位には差がついてきます。つまり、給与の安定した大企業等に対して給与交渉をするということは、中途採用時の役職の交渉をすることにつながります。

採用する側が、課長職でと計画していた中途入社予定者が、部長レベルの給与が欲しいと言い出したら・・・?

最悪、採用の機会を逃すこともあるわけです。

きちんとした会社であるほど、採用時の給与の交渉には十分注意する必要があります。

そこまで考えて交渉にあたりましょう。

タイトルとURLをコピーしました